「The Peaks」タグアーカイブ

THE PEAKS 蓼科13east

ちょうど一ヶ月前、9月2日に長野県の蓼科で行われたTHE PEAKS 13eastのことを、今更ながら書いていこうかと。

今回はなんと土日でラウンド13と14の2日連続開催!日程が発表されたときに、2日連続開催は今回の一土限りという言葉に踊らされ、「変態増し」でダブルエントリー。

ざっくりいうと走行距離180キロ、獲得標高5,000メートル×2。2日で一万メートル登りますw

今回はSRFのみなさんと一緒に遠征してきました。金曜日の朝に神戸を出発し蓼科へ。

軽く試走のつもりが気持ちよくて40キロほど走ってました。

宿にチェックインしてから試走へ。ちょっと気になる箇所もチェックできました。

どこを走っても絶景。

宿に帰ってご飯を食べ、風呂に入って就寝。いよいよ明日はDay1スタート!

スタート前。R13を変態増しでエントリーしたTさんとMくん

4時に起きてドリンクの準備をして、5時から朝食。みなさんがなかなか軽量化できない中、いつものようにサクッと軽量化成功。その後スタート場所でも軽量化w

スタート地点が標高1,500メートルなので朝は冷える。ウィンドブレーカーとニーウォーマー装着。STD1までそのまま走ったけど、日差しが温かかったのでもう少し早めに外しても良かったな。

R13は女神湖の東方面を走るルート。全体的に斜度は緩めで長い登りが多い。

一緒にスタートしたTさん、Mくんとはエイドステーションで合流する感じ。一番遅いのが自分なので、エイドからは一番に出ていく。PEAKSの楽しみの一つはエイドだけど、制限時間もあるので。それでもスタッフのみなさんが素晴らしい。

これはどこやったかなw 多分メルヘン街道。

PEAKSのいいところは他のライダーと何度もすれ違うところ。声を掛け合ってゴールを目指す雰囲気がとてもいい。

後半の難所、大河原峠でTさんと、ここを下ったら最後の登り返し。

とにかく黙々と走るのでやはり走行中の写真は少なめ。Tさんと一緒に走る時間も多かったので楽しかった。なんとか無事に全員制限時間内にゴール。

明日のためにペースを抑えて足を少しでも残すつもりが、全く残って無いw まあ余力を残して走れるコースやないね。

宿に帰ったらとにかく回復。リカバリー用のプロテインやら金グリやらを補給。イナーメオイルでしっかりマッサージと筋膜リリース。

ご飯もお代わりして、お風呂に入って寝る。

今晩はR14にエントリーしている2名も合流。

明日の朝はどんな感じなのか不安でいっぱい。

The Peaks 赤城山2

「日本最強 最悪」と主催者自らが謳うサイクルイベントPeaksに参加してきた。

今回12回目となる開催地は群馬県赤城山。赤城山ヒルクライムで名前は知っていたけど、訪れるのは初めて。群馬県自体に来るのもインカレのサポート以来、人生で2回目。

ちなみにPeaksも2回目。昨年9月の11ラウンド奈良吉野に参加してその面白さに魅了されて今回のエントリーに。

Peaksってどんなイベント?って方も多いと思うので軽く紹介を。

だいたい距離200km、獲得標高5,000mを制限時間内に走るイベント。カテゴリーは「一般」「変態」「ド変態」に分かれていてそれぞれで制限時間が異なる。もちろん「ド変態」が一番厳しい。また「変態増し」「ド変態増し」と「増し」が付くと距離、獲得標高が更にプラスされたコースになる。そうなると距離が伸びて制限時間は短いということに。

赤城山では「一般」が170km、5,158mUP、制限時間11時間30分、「変態増し」は179km、5293mUP、制限時間10時間30分、「ド変態増し」は更に制限時間が短い9時間。

前回の奈良吉野ではギリギリ「ド変態増し」で完走したけど、時間に追われすぎて景色やエイドを十分楽しめなかったので、赤城山は「変態増し」でエントリー。

土曜日の7時に出発して16時に現地着。受付を済ませて本日の宿「みやま山荘」さんへ。

女将さんと娘さんが切り盛りされる民宿。アットホームな雰囲気とお二人の人柄でゆったり楽しく過ごせる宿です。

車からバイクを下ろしてちょこっとだけ試走。思ったより寒い。なんせここは標高1,400m。

女将さん曰く、北海道の旭川と同じくらいの気候らしい。スキーをされていた娘さんもこのあたりはパウダースノーですごく雪質がいいとおっしゃってました。

山椒と舞茸の天ぷらが美味しかった。

晩御飯が豪華!明日のためにしっかり補給!

宿のお風呂に入って就寝・・・が明日のウェアをどうするか悩む。一応ニーウォーマーは持ってるけど要るか要らないか・・・グローブは長指か・・・まあ明日の朝の気温で決めよう。

4時30分起床。それほど寒くないかと思ったけど1階でストーブを焚いているので2階が温かいだけ。曇の予報だったけどうっすら青空も。さらにウェアに悩む。一回外に出てみたらやっぱり寒い。ニーウォーマーとウィンドブレーカーに決定。

朝5時に朝食をご用意いただき本当に助かった。ありがとうございました。ご飯もおかわりして燃料は十分。

朝ごはんを食べながら女将さん、娘さんと話していたら、スタート後すぐ17kmくらいで標高1,000メートルくらい降るあたりとは気温差は8℃くらいあるとか・・・

ウェアにまた悩む・・・ニーウォーマー要る?

さむがりなので要ることに。暑くなればハンドルバーバッグにしまおう。

さあいよいよ始まる!

7時のスタートに向けてスタート地点へ移動。後はひたすらペダルを回すだけ。

スタート/ゴール地点

赤城山を初めて走った感想は、とにかくスケールがでかい。1本で登る長さが普段走っている六甲山とは全然違う。長い!木々の雰囲気も違う。

エイドステーションでBさんと合流。

Peaksの面白いのは降った道をそのまま登り返して、参加者とすれ違うようにルートが引かれているところ。声を掛け合って走ると疲れていても元気が出る。

決められたチェックポイントやエイドステーションを順番通りに寄りながら、とにかくアップダウンをこなしていく。それにしても上りが長い。次に登るとわかっていながら長い下りを下っていくと、正直怖いw

エイドステーションは充実してる。ありがたい。

前回の奈良吉野では時間に追われすぎたので、今回はエイドものんびり過ごす。ポテトチップスがおいしい。きなこ飴もお気に入り。スタッフの方が親切で明るくて素晴らしいんですよね。

ライド中の写真はほぼ無し

ポットチップスを食べようが何しようが、5,000メートルは登らないといけないわけで、とにかく無心でペダルを回す。

六甲山を走っている方ならわかると思うんですが、コーナーごとにカーブナンバーって番号が振ってありますよね?六甲なら40番くらいまではありますかね?

このあたりは60~80番くらいまで振ってあるので気が遠くなりますw

後半は周りを走る人も廃人のようになっています。うなだれて足だけ回っている感じw

自分もそんな感じで、ギリギリ気持ちを切らさずに何とかゴール。

フィニッシャータオルをかけてもらうとホッとします。

もう登らなくていいと思うと気持ちも抜けていく

全員無事ゴール!

3人共「変態増し」を制限時間内に完走できました。いやあ良かった。

宿に帰って、お風呂に浸かって、宿の女将さん、娘さん、他のお客さんと一緒に祝杯をあげました。よく笑った楽しい時間。みんなでこれて良かった。

次回は9月の蓼科に2日連続エントリー済。

今回走ってみて2日連続は無理だと実感ww